blog ブログ

Salon

秋にオススメ♪【手作り美肌干し芋】

こんにちは。サロン・ド・ノーブルの石田です。

近頃はぐっと冷え込んできましたね。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は先日大好きなサツマイモで干し芋を作りました!

作り方はとっても簡単ですので皆様もぜひお試しください♪

サツマイモは熱を加えることでどんどん甘みが増していきます。

サツマイモは栄養価も高く美肌にも良い効果があります。

主な栄養素をご紹介させていただきます。

【ビタミンC】

コラーゲンを作るのに不可欠な栄養素です。コラーゲンの合成を助けることで、肌にハリをもたせたり、シミを予防する美容作用や免疫力を高めて風邪を引きにくくする働きが期待できます。

通常のビタミンCは熱に弱い特性をもっていますが、サツマイモに含まれるビタミンCは熱に強い特性があるといわれています。

【食物繊維】

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、特にさつまいもには不溶性食物繊維のセルロースが多く含まれています。

水に溶けやすい水溶性食物繊維は小腸での栄養素の吸収速度を緩やかにし、食後の血糖値の上昇を抑えると言われます。水に溶けにくい不溶性食物繊維は大腸を刺激し、排便をスムーズにすることで腸がきれいになります。

【ヤラピン】

サツマイモを切った時に断面に染み出してくる白い液体です。

サツマイモに含まれる特有の成分で、熱に対して安定的、加熱調理をしても変質しません。腸の蠕動運動を促進し、便をやわらかくするといわれています。

【カリウム】

野菜や果物、豆類等に多く含まれている栄養素です。

ナトリウムとともに細胞の浸透圧調整を維持している他、腎臓でのナトリウムの再吸収を抑制して排泄する役割も担っています。

【ビタミンE】

油脂に溶ける脂溶性ビタミンです。

抗酸化作用を持ち、体内の脂質の酸化を防ぎます。

この働きによって細胞膜の酸化による老化、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化などの生活習慣病の予防になるといわれています。

また、サツマイモ100gあたりに含まれる栄養素の量は、

・ビタミンC  1日必要分の約1/3(リンゴの約7倍)

・食物繊維 1日必要量の約1/9(ごはんの約10倍)

・カリウム 1日必要分の約1/5

・ビタミンE  1日必要分の約1/4

となっています。

美味しくて身体にも良いって素敵ですよね♪

小腹が空いた時のおやつがわりにピッタリです。

甘いものがやめられない方にも自然の甘みで空腹感も満たされオススメです。

それでは簡単で美味しい『美肌干し芋』の作り方をご紹介させていただきます!

🍠美肌干し芋の作り方🍠

①サツマイモをふかす。

②皮をむいて(皮を剥かなくてもOK。皮ごと食べると、皮に含まれるビタミンCやポリフェノールを摂取できます。)5ミリほどの厚さにカット

③干しあみに並べる

④ベランダで2、3日干す。2日目は少ししっとりした干し芋に仕上がります。3日間干すとより乾燥して干し芋らしくなります。様子を見ながらお好みのかたさに仕上げてください。

※雨の日は湿気てしまうので室内に入れてください。お天気の続く日を狙って作られると良いと思います♪

いかがでしたでしょうか?

干し芋づくりは実はとっても簡単なんです。

私は紅はるかで作る干し芋が一番のお気に入りですが、色々な品種のサツマイモで試してみるのもオススメです。品種によって仕上がりの食感や甘みの違いを楽しめます。また、干し芋をトーストすることによって香ばしさが増してとっても美味しくなります♡

ご興味のある方はぜひ挑戦してみてくださいね♪

ご質問やお問い合わせはサロン・ド・ノーブルのお電話かHPのお問い合わせまでお願いいたします♪

♡サロン・ド・ノーブルお電話♡ 072-809-2131(10時~18時 毎週火曜定休)

♡HPお問い合わせ♡ https://www.salondenoble.com/contact/